[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦が早々に見たい カシメロ母国識者が熱望「2021年の素晴らしい開幕戦に」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。勝利後にはWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に対して挑発行動に出ていたが、現地の識者は「私は来年の早い段階でカシメロとイノウエの戦いが見たい」と対戦を熱望している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

フィリピンの識者が展望「イノウエと戦う可能性は残されている」

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。勝利後にはWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に対して挑発行動に出ていたが、現地の識者は「私は来年の早い段階でカシメロとイノウエの戦いが見たい」と対戦を熱望している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 カシメロは無敗の挑戦者ミカーを序盤から圧倒。2回に左フックでダウンを奪うと、3回に左ボディーから右アッパーを浴びせたところでレフェリーがストップ。3回TKO勝ちと貫録を見せつけた。

 試合後は興奮気味に「俺は真のモンスターだ。ナオヤ・イノウエは俺に怖気づいている」などと井上を意識し早速挑発に出ていたカシメロ。4月の対戦は新型コロナの影響で流れることになったが、カシメロは依然、井上を強く意識しているようだ。

 井上との仕切り直しの一戦は実現するのだろうか。フィリピンテレビ局の「ABS-CBN」電子版ではフィリピンメディア「ラプラー」や「フィルボクシング」などに寄稿するフィリピン人解説員のニッシ・イカシアーノ氏の見解を掲載している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集