[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

26歳新人王候補、被打率「.017」の“魔球チェンジ”に絶賛拡大「不公平」「エグすぎ」

米大リーグ、ブルワーズのデビン・ウィリアムズ投手が22日(日本時間23日)のレッズ戦の7回から2番手で登板。2回を無安打無失点、5つの三振を奪った。驚異の奪三振率18.72をマークする右腕が絶対的な武器とするのがチェンジアップだ。MLBは打者のタイミングを外し、なおかつ空振りを奪う“魔球”を動画付きで公開。米記者は「打つのは不可能」と絶賛していたが、米ファンからも次々と仰天の声が上がっている。

ブルワーズのデビン・ウィリアムズ【写真:AP】
ブルワーズのデビン・ウィリアムズ【写真:AP】

圧巻投球を続けるウィリアムズに米ファンからも仰天の声

 米大リーグ、ブルワーズのデビン・ウィリアムズ投手が22日(日本時間23日)のレッズ戦の7回から2番手で登板。2回を無安打無失点、5つの三振を奪った。驚異の奪三振率18.72をマークする右腕が絶対的な武器とするのがチェンジアップだ。MLBは打者のタイミングを外し、なおかつ空振りを奪う“魔球”を動画付きで公開。米記者は「打つのは不可能」と絶賛していたが、米ファンからも次々と仰天の声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 1点リードの7回からマウンドに上がったウィリアムズのチェンジアップが、この日も冴え渡った。先頭打者こそ四球で出塁させたが、続くバーンハートをチェンジアップをコーナーに決め、最後は絶妙に沈むボールで空振り三振。この回を無失点で切り抜けると、さらに圧倒的だったのは8回だ。

 先頭のボット、続くスアレスとワンバウンドしそうなくらい落ちる外角のチェンジアップでバットに空を切らせると、2死からはムスタカスにも低めのチェンジアップを2球続け、リプレーのような空振りで三振に仕留めて見せた。

 2回で5Kの快投も見慣れた光景だ。MLBは公式ツイッターで「デビン・ウィリアムズのチェンジアップと対峙した打者59人に対し打ったのは1人で三振は41個」と驚愕のデータを綴り、動画付きで公開。米ファンにも衝撃が広がっている。

「サイ・ヤング賞がセットアッパーに与えられることはないことは分かっているけど、もしセットアッパーが票を得る年があるとすれば…彼はただただとんでもない」
「リーグ最高のリリーバー」
「新人賞と最優秀リリーバー」
「彼のサークルチェンジは美しい」
「誰がこれを打ったんだ」
「不公平だ。それに残酷」
「エグすぎ」
「現実離れしてる」

 今年26歳になった右腕は25回で52奪三振。うち41個をチェンジアップで奪ったという。またチェンジアップの被打率は驚異の「.017」。わずか1本しかヒットを許していないのだ。堂々の新人王候補にも挙がる右腕への、注目度は日増しに拡大している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集