[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太の好守に米注目「マエダマジック」 スポーツ界“今日のNo.2”のプレーとは

米大リーグ、ツインズの前田健太投手は11日(日本時間12日)、本拠地インディアンス戦で先発し、7回4安打無失点、7奪三振の快投で今季5勝目を挙げた。二塁すら踏ませない投球だけでなく、この日は好守も披露。一塁への華麗なグラブトスの動画を、米国の名物セレブも「マエダマジック」と紹介している。

華麗なグラブさばきを見せた前田健太【写真:AP】
華麗なグラブさばきを見せた前田健太【写真:AP】

前田の華麗なグラブトスに米メディアも注目

 米大リーグ、ツインズの前田健太投手は11日(日本時間12日)、本拠地インディアンス戦で先発し、7回4安打無失点、7奪三振の快投で今季5勝目を挙げた。二塁すら踏ませない投球だけでなく、この日は好守も披露。一塁への華麗なグラブトスの動画を、米国の名物セレブも「マエダマジック」と紹介している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 華麗なグラブさばきだった。2-0の5回先頭、タイラー・ネークインの3球目だ。前田が投じたのは外角84マイル(約134キロ)のチェンジアップ。打者はなんとかバットに引っかけると、一塁方向へボテボテのゴロとなった。前田はマウンドからダッシュ。一塁ベース手前でボールを拾うと、そのままグラブトスを披露した。見事なフィールディングでアウトとなった。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が、ツイッターで「マエダマジック」と、このプレーの動画を公開。米ファンからも「“ゴールデングラブ”の定義かもね」と称賛の声が上がっている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」は、11日のスポーツ名場面トップ10のうち2位に選出。前田はインディアンスのエース右腕、シェーン・ビーバーとの投げ合いを制し、5勝1敗の防御率2.43と好調を維持している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集