[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、勝利オッズは「1.2倍」の超鉄板 海外メディア分析「マロニーの手に余る」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。海外メディアでは井上にとっての2020年初戦のオッズを公開。「1.2倍」という超鉄板オッズになっている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

マロニーの勝利は「4倍」と開き

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。海外メディアでは井上にとっての2020年初戦のオッズを公開。「1.2倍」という超鉄板になっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 2人の対戦オッズに注目したのは海外のベッティング専門メディア「ベッティング・インサイダー・ジャーナル」だった。聖地ラスベガスでのハロウィン決戦の決まった井上だが、海外のブックメーカーも勝利を本命視した。

 井上の勝利は「1.2倍」と超鉄板。一方で、マロニー勝利は「4倍」のオッズに設定されたという。

 記事では「ザ・モンスターは現役のバンタム級で世界最高と認められている」と絶賛し、井上の勝利の可能性を「83%」と予想。一方、マロニーについては「致命的なボディーパンチがイノウエを倒す最大のチャンスになるだろう」と分析。初めての敗戦後、4連勝中と再び勢いに乗るファイターの活路はボディー打ちにあると予想している。

 勝敗については井上のTKO勝ちと予想。「イノウエのスピードは経験の少ないマロニーの手に余る。日本のプロは終盤戦にファイトを締めくくるだろう」と分析していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集