[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「再びテニス界を支配できる」 各国メディアから賛辞「また全米決勝へ」

テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。白熱の名勝負の末に勝ち切った大坂に、各国メディアも続々と称賛を送っている。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

NY紙はサーブを称賛「オオサカは序盤からソリッドだった」

 テニスの4大大会・全米オープンは10日(日本時間11日)、女子シングルス準決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)を7-6、3-6、6-3で破り、優勝した2018年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。白熱の名勝負の末に勝ち切った大坂に、各国メディアも続々と称賛を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 128分の激闘。マッチポイントで大坂のサーブに対して、ブレイディのリターンがネットにかかった。勝利の瞬間、力が抜けたのか、一瞬うなだれた大坂。そして顔を上げると安堵の表情だ。スタンドには応援に駆け付けた恋人の米国人ラッパー、YBNコーデーの姿もあった。

 互いに譲らない、白熱の名勝負だった。第1セットは両者キープを続け、タイブレークの末に大坂が先取。第2セットは逆にブレイディが先にブレークし、取り返した。ファイナルセットは大坂が先にブレークし、最後は底力で上回った。

 2年ぶりの優勝に王手をかけた大坂を各国メディアも大きく報じている。まずは開催地ニューヨークの地元紙「ニューヨーク・ポスト」は大坂が人種差別への抗議の意思を込めた黒マスクを着用しているに触れ、「ナオミの社会正義に対するメッセージは首尾一貫したものだが、彼女のストロークはそれを上回るほど安定したものだった」と称えている。

 さらに「オオサカは序盤からソリッドだった。117マイル(約188キロ)、114マイル(約183キロ)、さらに114マイルのサーブを打ち込み最初のゲームで相手を0ポイントに抑えた」と抜群のサーブに脚光を浴びせている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集