[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナの曲芸ショット 左手での“神リターン”に米驚愕「左でも右でも関係ない」

テニスの4大大会・全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出産から3年ぶりに復帰したツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ち。ママ対決を制し、3年連続の4強進出を決めた。第2セットではとっさに左手に持ち替えてリターンするという、ミラクルショットも披露。米メディアが動画付きで公開すると、「天才」「左でも右でも関係ない」などと驚きを誘っている。

3年連続で全米OP4強進出を決めたセリーナ・ウィリアムズ【写真:AP】
3年連続で全米OP4強進出を決めたセリーナ・ウィリアムズ【写真:AP】

利き手とは逆の手でリターン、ポイントを奪う場面に脚光

 テニスの4大大会・全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が出産から3年ぶりに復帰したツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝ち。ママ対決を制し、3年連続の4強進出を決めた。第2セットではとっさに左手に持ち替えてリターンするという、ミラクルショットも披露。米メディアが動画付きで公開すると、「天才」「左でも右でも関係ない」などと驚きを誘っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 百戦錬磨のセリーナが驚きのショットだ。第2セット、第8ゲーム。ピロンコバの105マイル(約169キロ)のサーブに逆をつかれた元女王。とっさに利き手とは逆の左手に持ち替えてリターンした。

 力のないショットはドロップ気味になり、ピロンコバは懸命に前に出て返したが、これはアウトになり、セリーナのポイントに。このままブレークに成功した。

 セリーナの“左手リターン”に米スポーツ専門局「ESPN」の中で主に女子スポーツを扱う「ESPNW」公式ツイッターが注目。「セリーナが左でリターン。ワオ」と添えて、動画付きで公開すると、海外のテニスファンに驚きが広がっている。

「運動神経は教えられない」
「118マイルのサーブをしてセリーナの利き手とは逆で返されたことを想像してみて」
「今日見た中で最高のもの」
「超面白い」
「左でも右でも関係ない」
「絶好調」
「素晴らしい」
「なんてこった」
「天才」
「ヤッバ」

 決勝での大坂なおみ(日清食品)との2018年の再戦も期待されるセリーナ。38歳にしてその強さは健在だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集