[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元阪神ドリスは成長中 “落ちすぎスプリット”が米反響拡大「あり得ない技術」

米大リーグ・ブルージェイズのラファエル・ドリス投手が8日(日本時間9日)、ヤンキース戦に登板して1回無安打無失点、2奪三振の好投で3セーブ目を挙げた。キレキレの変化球と96マイル(約154キロ)の速球を駆使した奪三振シーンを米名物セレブが公開。「このスプリットえぐすぎ」などと称賛を集めていたが、米ファンに反響が拡大している。

今季からMLBに復帰したラファエル・ドリス【写真:AP】
今季からMLBに復帰したラファエル・ドリス【写真:AP】

打者3人でピシャリ、ドリスの好投への反響が拡大

 米大リーグ・ブルージェイズのラファエル・ドリス投手が8日(日本時間9日)、ヤンキース戦に登板して1回無安打無失点、2奪三振の好投で3セーブ目を挙げた。キレキレの変化球と96マイル(約154キロ)の速球を駆使した奪三振シーンを米名物セレブが公開。「このスプリットえぐすぎ」などと称賛を集めていたが、米ファンに反響が拡大している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 米国で成長した投球を見せている。ドリスがまず投じたのは、83マイル(約134キロ)の変化球。大きく急変化した1球に、打者のボイトは中途半端なスイングで空振りを喫した。続く2球目も同じ球。今度はホームベース付近でワンバウンドする球だったが、あまりのキレにボイトは右ひざをついてスイングしてしまった。

 最後は高めの96マイル速球で空振り三振。打者を手玉にとったシーンを「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏がツイッターで公開。文面には「ラファエル・ドリスのいやらしい奪三振」とつづっている。

 するとファンから「なんやこのスプリット」「すげぇ」などと称賛が集まっていたが、反響が拡大。「ドリスはピッチングニンジャに気に入られたようだな」「有り得ない技術だ」「ドリスは俺のお気に入りの選手になりつつある」「彼はただただ驚異的だ」と米ファンからの注目度も急上昇だ。

 阪神には4シーズン在籍し、守護神として通算96セーブを挙げたドリス。今季からプレーするブルージェイズでも好調のチームの一翼を担う貴重なクローザーに成長している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集