[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またレブロンが止めた 魂のブロックに米称賛の嵐「これだから史上最高」「MVPだ」

米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは8日(日本時間9日)、ロケッツとのプレーオフセミファイナルの第3戦で112-102で勝利。連勝で2勝1敗とした。エース、レブロン・ジェームズは両チーム最多の36得点と大暴れしたが、また強烈なブロックが絶賛を集めている。NBAが実際の映像を公開すると、「これだから史上最高」「ただ驚くばかり」などと喝采が起きている。

レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】
レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】

36得点と爆発、ブロックでも魅了

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは8日(日本時間9日)、ロケッツとのプレーオフセミファイナルの第3戦で112-102で勝利。連勝で2勝1敗とした。エース、レブロン・ジェームズは両チーム最多の36得点と大暴れしたが、また強烈なブロックが絶賛を集めている。NBAが実際の映像を公開すると、「これだから史上最高」「ただ驚くばかり」などと喝采が起きている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 レブロンがまたブロックで魅せた。82-82と同点の第3クオーター(Q)、終了間際だ。ロケッツのオースティン・リバースがドリブルで侵入。レイアップ、ダブルクラッチで狙ったところに背後から飛んできたのがレブロンだ。ボールをはたき得点を阻止。見事なブロックショットを決め、吠えて見せた。

 6日の第2戦でもラッセル・ウェストブルックのシュートをド派手にブロックしていたレブロン。このプレーをNBAが公式インスタグラムに動画付きで投稿すると、米ファンからは「レ“ブロック”・ジェームズ!」「何だってブロックする」「この手のブロックは“ザ・ジェームズ”と名前が付くべきだね」「これだからレブロンは史上最高」「MVPだ」「最高の中の最高」「ただ驚くばかり」などと賛辞が降り注いでいた。

 同点のまま突入した最終クオーターで一気に相手を突き放したレイカーズ。4つのブロックでも光ったレブロンの獅子奮迅の活躍もあり、通算2勝1敗とリードを奪った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集