[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「圧倒的なパフォーマンス」 大坂なおみ、79分の快勝劇をWTA絶賛「傑出したフォア」

テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。わずか79分での圧勝劇を、女子テニス協会(WTA)は「圧倒的なパフォーマンス」と評価している。

4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】
4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】

今大会の台風の目、ロジャースをスタッツでも圧倒

 テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。わずか79分での圧勝劇を、女子テニス協会(WTA)は「圧倒的なパフォーマンス」と評価している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 強敵を次々と撃破し、ノーシードながら今大会の台風の目と見られていたロジャースを圧倒した。大坂は7本のエースを含む、24本のウィナーを叩き込んだ。特にサーブがキレキレ。ファーストサーブからのポイント獲得率は83%を記録。相手の66%を大きく上回った。またアンフォーストエラーもロジャースの27に対して、8に抑えた。

 大坂自身も「今日はずっとポジティブにいられた。そして今日は本当に調子がよかった」と振り返った会心の内容。WTAの公式ツイッターも「ナオミ・オオサカが圧倒的なパフォーマンス。シェルビー・ロジャースを6-3、6-4で下す」と速報。また公式サイトでもショットの安定感を称え「傑出したフォアハンド」と拍手を送っている。

 準決勝では世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦する大坂。「本当に凄い選手。ショットにバラエティーがあるし、性格もいい。ベストを尽くします」と意気込んだ。全米、昨年の全豪に続く3度目のグランドスラム制覇は確かに視界に入っている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集