[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみの次戦は「すんなりとはいかない」 絶好調の93位ロジャースに米注目

女子テニスの世界ランク9位・大坂なおみ(日清食品)は8日(日本時間9日)、4大大会・全米オープンの準々決勝に臨む。相手は27歳のシェルビー・ロジャース(米国)。同93位だが、今季はセリーナ・ウィリアムズ(米国)らを破るなど絶好調だ。米メディアは「すんなりをロジャースを下すことにはならないだろう」と大坂にとって難しい相手であると指摘している。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

現地時間8日の準々決勝では3年前に敗れたロジャースと対戦

 女子テニスの世界ランク9位・大坂なおみ(日清食品)は8日(日本時間9日)、4大大会・全米オープンの準々決勝に臨む。相手は27歳のシェルビー・ロジャース(米国)。同93位だが、今季はセリーナ・ウィリアムズ(米国)らを破るなど絶好調だ。米メディアは「すんなりをロジャースを下すことにはならないだろう」と大坂にとって難しい相手であると指摘している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2018年以来の全米制覇を目指す大坂。次戦に注目しているのは、米専門メディア「テニス.com」だった。相手のロジャースについては記事で「この2年間、怪我によるトラブルに悩まされていたものの、シェルビー・ロジャースはついに調子を取り戻し、見る者を驚かせるテニスを披露している」としている。

 ロジャースはツアー再開後、8月のトップシード・オープンで世界ランク8位のウィリアムズを撃破。今大会でも2回戦で同17位リバキナ、4回戦で同12位クビトバを破っている。記事では「好調時には強烈なサーブに、左右両方から繰り出される強烈なストロークを織り交ぜたテニスを展開」とプレースタイルを紹介している。

 大坂を破れば初のグランドスラム4強進出となるロジャース。2人は2017年のボルボ・カーズ・オープンの準々決勝で対戦し、大坂が敗れている。当時について、同メディアは「クレーコートに慣れ親しんだロジャースがチャールストンの地の利を生かす形で、オオサカにとっては最悪のコートと言えた」と振り返っている。

 ただ記事では、今回の全米オープンの会場については「オオサカにとって最高のコートかもしれない」と言及。勝敗の行方については「両選手とも重みのあるボールを放ち、1つのショットも無駄にはできない。最後に、オオサカの経験が優位に働くだろうが、すんなりとロジャースを下すことにはならないだろう」とつづっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集