[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁に指揮官、米メディアも期待「戦力として計算」「NBA専門家もぞっこん」

全米大学体育協会(NCAA)のバスケットボール2017-18シーズンが現地10日にスタートする。昨季、日本人選手として初めて全米大学選手権(NCAAトーナメント)の舞台に立った強豪ゴンザガ大の八村塁(2年)は指揮官から「戦力として計算している」と見込まれ、米メディア選出の「8人の新たな役者」にノミネートされるなど期待を集めている。

10日に新シーズンが開幕 日本人初のファイナル4進出を果たした八村に大きな期待

 全米大学体育協会(NCAA)のバスケットボール2017-18シーズンが現地10日にスタートする。昨季、日本人選手として初めて全米大学選手権(NCAAトーナメント)の舞台に立った強豪ゴンザガ大の八村塁(2年)は指揮官から「戦力として計算している」と見込まれ、米メディア選出の「8人の新たな役者」にノミネートされるなど期待を集めている。

 八村は昨年、海を渡って米バスケットの強豪ゴンザガ大に入学。1年目のシーズンに日本人選手で5人目となる「NCAAディビジョンI」に身を置き、すべてベンチスタートで平均4.6分の出場ながら28試合でコートに立った。そして、日本人史上初めてNCAAトーナメントにも出場し、大会初得点、さらには日本人初の「ファイナル4」進出も果たした。

 昨年、創設後初の大会準優勝に輝いたチーム同様、2年目はさらなる飛躍が期待される八村。米紙「シアトル・タイムズ」は「トップ選手を失ってもゴンザカのWCCタイトル返上は時期尚早」と取り上げ、上級生が抜けた中で、コーチのマーク・フュー氏が八村について「我々はハチムラを出場する戦力として計算している」と言及するコメントを紹介している。

米誌「スポーティングニュース」は「カレッジ・バスケットボール2017-18シーズン 8人の新人役者」と題して、若手選手を特集。「平均20.6得点を叩き出したU-19ワールドカップでの素敵な夏を楽しんだのち、ハチムラは今季ブルドッグス(ゴンザガ大)でより大きな役割に備えているようだ」と触れ、今年7月のU-19ワールドカップで攻守に大車輪の活躍を見せて日本史上初のトップ10入りに導いた19歳に着目している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集