[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花、19歳で圧倒的な理由 重圧無視する“自分への集中力”「相手意識しない」

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花(ICTSI)が通算13アンダーで2戦連続優勝。1打差の2位で出た小祝さくら(ニトリ)との白熱した優勝争いを2打差で制し、10代では宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の快挙を達成。強さの裏には、19歳にして経験豊富なメンタルと確かな技術があった。

2戦連続で優勝を飾った19歳の笹生優花【写真:Getty Images】
2戦連続で優勝を飾った19歳の笹生優花【写真:Getty Images】

すでに16か国でプレーの笹生優花、大切なのは「自分がどのプレーをしたいか」

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花(ICTSI)が通算13アンダーで2戦連続優勝。1打差の2位で出た小祝さくら(ニトリ)との白熱した優勝争いを2打差で制し、10代では宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の快挙を達成。強さの裏には、19歳にして経験豊富なメンタルと確かな技術があった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 経験値が高かった。悪天候で2時間半遅れのスタート。遅延が決まる前の午前7時過ぎに会場入りしてしまったが、「ぶらぶらしてました」と首位の重圧を感じることもなかったという。ラウンドは、前半から首位が入れ替わる展開。2番のダブルボギーで小祝に一時首位を譲ったが「ゴルフなのでダボもある。悩むこともないので、次のホールで頑張ろうと思いました」とすぐに切り替えた。

 10アンダーで並んだ4番では、小祝が先にロングパットを沈めてバーディー。しかし、笹生も直後に5メートルのバーディーパットを入れて食い下がった。並みの選手なら焦ってしまいそうな場面。だが、笹生は「先に入れられると、『自分も入れなくちゃ』という気持ちにもなる。でも、それを意識するとパットは入らない。自分のやるべきことに集中する方がパットは入る確率が上がる」と説明。わかっていてもできないような気持ちのコントロールをしっかりとできているようだ。

 さらに強さを見せつけたのは、1打リードで迎えた後半12番パー3。第1打をグリーン手前のラフに落としたが、残り19ヤードからチップインバーディーとした。ピンチでスコアを伸ばし、逆に2打差に突き放す展開。「練習しといてよかった」。この場面の距離とライ(地面の状況)は、大会コースを想定し、今週は練習場で重点的に取り組んでいたものだったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集