[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳笹生優花、単独首位で後半へ 1打差2位小祝さくらと一騎打ち、雨中のV争い白熱

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花が通算14アンダーで前半終了。1打差の2位で小祝さくらが追っている。

笹生優花と小祝さくら(右)【写真:Getty Images】
笹生優花と小祝さくら(右)【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス最終日が30日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出たツアー通算1勝の19歳新人・笹生優花が通算14アンダーで前半終了。1打差の2位で小祝さくらが追っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 悪天候により、決勝ラウンドの人数を減らすセカンドカットが実施され、当初の62人から1アンダー27位タイまでの34人で争われた。笹生、小祝、アマチュアの六車日那乃の最終組は2時間半遅れの午後0時半にスタートした。

 笹生は2番パー4で第1打を右に曲げてラフに入れると、目の前の木を越えるショットを狙った第2打は枝に引っ掛かり、そのままグリーン手前の池に入った。1打加わり、池の手前から放った第4打をグリーンに乗せて2パットのダブルボギー。この時点で11アンダーの小祝に1打差の2位へと転落した。

 続く3番で小祝がボギー。10アンダーで並ぶと、4番で両者ともにロングパットを沈め、バーディーとした。笹生が6番のバーディーで抜け出すと、7、9番でともにバーディー。雨が降り続ける中、21世紀生まれの笹生と1998年度生まれの黄金世代・小祝が白熱した優勝争いを展開し、前半を終えた。

 笹生が10代による2戦連続優勝となれば、1988年のツアー制施行後では宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ3人目の快挙となる。ツアー初優勝から2戦連続優勝も西田智慧子、表純子、畑岡に次ぐ4人目となる。

 6アンダーの3位に濱田茉優、5アンダーの4位に李知姫がつけた。4アンダーの5位に大山志保、有村智恵。六車、野澤真央、西村優菜、永峰咲希、仲宗根澄香は3アンダーで7位としている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集