[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サラリーマン生活も経験 飛び込みのレジェンド・寺内健の「今までで一番大きな選択」

飛び込み界のレジェンド、寺内健(ミキハウス)。初出場の1996年アトランタオリンピックから数え、内定を決めている2021年東京オリンピックで実に6度目の五輪出場を目指す。夏季大会での6度出場は、馬術の杉谷泰造に並ぶ日本最多タイ。念願の金メダル獲得に向けて邁進するベテランだが、実は一時期、競技から遠ざかっていたことがある。

寺内健(右)には競技から遠ざかっていた時期がある。写真左は坂井丞【写真:Getty Images】
寺内健(右)には競技から遠ざかっていた時期がある。写真左は坂井丞【写真:Getty Images】

2008年北京五輪の後にサラリーマンに転身「このまま社会に出ていいのか」

 飛び込み界のレジェンド、寺内健(ミキハウス)。初出場の1996年アトランタオリンピックから数え、内定を決めている2021年東京オリンピックで実に6度目の五輪出場を目指す。夏季大会での6度出場は、馬術の杉谷泰造に並ぶ日本最多タイ。念願の金メダル獲得に向けて邁進するベテランだが、実は一時期、競技から遠ざかっていたことがある。
【特集】1.6秒の儚さに込める「生き様」 ベテラン飛込選手が臨む6度目の挑戦 / 飛び込み・寺内健インタビュー(GROWINGへ)
 2008年に4度目の五輪となる北京大会に出場し、3メートル飛び板飛び込みで11位となった。その翌年、寺内は突然の現役引退を発表する。この時、29歳だった。

「北京オリンピックまでずっと競技一筋で走り続けてきて、自分がこのまま社会に出ていいのか、という不安が出てきた。それでサラリーマンになりたい、という欲求が沸いてきました」

 スポーツメーカーに入社すると、水泳事業の企画や営業に携わり、文字通り「サラリーマン」としての日々を過ごした。デスクワークや得意先回りなど、慣れない仕事も多かったが、そんな時に役立ったのがアスリートとしての経験だった。

「もちろん会社に入れば、新しい知識などいろいろ勉強しなければならない。でも、選手として培った忍耐力もそうですし、旺盛なチャレンジ力は、やはり社会で生きてくるものだとすごく感じました。これは現役でやっている若い選手はなかなか感じられないことかもしれませんね」

 スポーツで築いた土台が社会にも応用できる。自身が経験したことだからこそ、今、目標を見失いかけている若いアスリートには、続ける努力をしてほしいと話す。

「この新型コロナウイルスの影響で、今の中高生は全中(全国中学校体育大会)やインターハイが開催されなくなってしまった状況にあります。この中で、目標を見失いかけたり、なくなってしまった選手もいると思います。スポーツでは自分の努力してきたことがすぐに結果に出るかどうかなんて分からない。けど、自分がやってきたことは、どの時代にもどの状況にも対応できる能力として身についているんですね。だから、自分が今までやってきたことを否定せずに。自分の人生をかけてチャレンジすること。それが全てだと思うし、スポーツの魅力だと思います」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集