[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳ヘビー級新星、200秒TKOで15連勝 “悶絶ボディー”に海外戦慄「お腹が痛くなる」

ボクシングのWBOインターナショナル・ヘビー級タイトルマッチが29日(日本時間30日)、英ロンドンで行われ、王者でWBO3位のダニエル・デュボア(英国)が2回20秒TKOでリカルド・スナイダー(オランダ)に圧勝。わずか200秒で4度のダウンを奪うワンサイドの内容でデビューからの連勝を15(14KO)に伸ばした。次世代の世界王者と期待される22歳がボディーブローで悶絶させるシーンを、米メディアが動画付きで公開。海外ファンの注目を集めている。

ダニエル・デュボア【写真:Getty Images】
ダニエル・デュボア【写真:Getty Images】

2回までに4度ダウン奪うワンサイドTKO、22歳の王者候補がデビュー15連勝

 ボクシングのWBOインターナショナル・ヘビー級タイトルマッチが29日(日本時間30日)、英ロンドンで行われ、王者でWBO3位のダニエル・デュボア(英国)が2回20秒TKOでリカルド・スナイダー(オランダ)に圧勝。わずか200秒で4度のダウンを奪うワンサイドの内容でデビューからの連勝を15(14KO)に伸ばした。次世代の世界王者と期待される22歳がボディーブローで悶絶させるシーンを、米メディアが動画付きで公開。海外ファンの注目を集めている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 将来の世界チャンプ候補の片りんを存分に見せつけた。第2ラウンド。開始から攻勢に出るデュボア。ロープ際に追い込むと、ガードを固める相手に対して上下にコンビネーションを打ち分ける。そしてわずかにガードが上がった瞬間、強烈な右ボディーを叩き込んだ。

 たまらんとばかりに膝をつくスナイダー。4度目のダウンでレフェリーがカウントを進める中で立ち上がったが、レフェリーは試合をストップした。わずか200秒で4度もダウンを奪っての快勝。フィニッシュブローとなったボディーフックを、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」は「ダニエル・デュボアのボディーパンチは残忍だ」と記して公式SNSで実際の映像を公開。期待通りのデュボアの強打に海外ファンも称賛を送っている。

「未来のヘビー級世界王者と言っても不思議ではない」
「タイソン・フューリーの時代が終わった後の後継者は彼だ」
「見ているこっちの体が痛くなる」
「お腹が痛くなる」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集