[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子の復帰に世界が勇気 親友サラも感激「懸命に闘い、困難を乗り越えた」

白血病で長期休養していた競泳・池江璃花子(ルネサンス)が29日、東京都特別水泳大会(辰巳国際水泳場)の女子50メートル自由形で約1年7か月ぶりのレースに臨み、26秒32で組1着だった。昨年2月に病を公表から闘病生活を経て復帰を果たし、目標としていたタイムを上回る驚異的なレースを演じた「リカコ・イケエ」に、親友サラ・ショーストロム(スウェーデン)も復帰を喜ぶなど、海外からも続々と称賛の声が上がっている。

池江璃花子【写真:AP】
池江璃花子【写真:AP】

闘病生活を経ての復帰、海外選手、記者から称賛の声続々

 白血病で長期休養していた競泳・池江璃花子(ルネサンス)が29日、東京都特別水泳大会(辰巳国際水泳場)の女子50メートル自由形で約1年7か月ぶりのレースに臨み、26秒32で組1着だった。昨年2月に病を公表から闘病生活を経て復帰を果たし、目標としていたタイムを上回る驚異的なレースを演じた「リカコ・イケエ」に、親友サラ・ショーストロム(スウェーデン)も復帰を喜ぶなど、海外からも続々と称賛の声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 第5組3レーンの池江は、勢いよくスタートを切った。ぐんぐんと攻めると、頭一つ抜き出たまま中盤を通過。後半は他の選手に距離を詰められたが、50メートルを26秒32で泳ぎ切った。ゴール後は会場から拍手が響いた。

 目標としていた10月2日開幕の日本学生選手権(インカレ)個人種目の派遣標準記録26秒86を突破した。この結果に驚いたのは日本国内だけではない。海外の選手や、記者からも次々と称賛が届いている。

 池江と親交の深いリオ五輪100メートルバタフライ金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)は地元紙にコメント。公共放送「STV」によると「プールにいる彼女をまた見ることができて嬉しい。彼女が愛しているものに戻るため懸命に闘い、これ以上ない困難を乗り越えた」と語ったという。

 池江が病を公表した昨年2月に、一報を聞いたショーストロムは「本当にショックで言葉がありませんでした」と胸を痛めたという。だからこそ、すぐに2ショットの画像をインスタグラムに投稿し「涙が溢れている。私のありったけの力と愛を送ります」とつづっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集