[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケンブリッジ飛鳥、「苦手」改善が生んだ復活V スタートに力強さが加わった理由とは

陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が29日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、男子100メートル決勝はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒03(追い風1.0メートル)と自己ベストを更新。日本歴代7位タイの好タイムで初優勝した。2017年に10秒08を記録して以降は低迷していたが、久々の快走を生んだ要因を語った。

男子100メートル決勝で10秒03と自己ベストを更新して優勝したケンブリッジ飛鳥【写真:荒川祐史】
男子100メートル決勝で10秒03と自己ベストを更新して優勝したケンブリッジ飛鳥【写真:荒川祐史】

アスリートゲームズイン福井で日本歴代7位タイの10秒03をマーク

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が29日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、男子100メートル決勝はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒03(追い風1.0メートル)と自己ベストを更新。日本歴代7位タイの好タイムで初優勝した。2017年に10秒08を記録して以降は低迷していたが、久々の快走を生んだ要因を語った。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 タイムと順位を確認し、安堵の表情を浮かべた。ケンブリッジはスタートから抜け出し、終盤も落ちなかった。最後は桐生との競り合いになったが、0秒03差で勝利。予選でマークした自己ベスト10秒05を再更新する好タイムで、レース後はトラックに倒れこんで夜空を見上げた。

「長かったですね……2017年に自己ベストを出して、自分の中でもここからどんどんいけるなというところで、故障だったりが続いて。自分のコントロールの効かないところでバランスが崩れて、ずるずる行ってしまったところがあった」

 久々の自己記録更新に喜びを明かしたケンブリッジ。23日に国立競技場で行われたセイコーゴールデングランプリ(GGP)でも10秒16で2位に入るなど好調が続いている。復活の要因は、課題のスタートを改善したことにあるという。

「低い姿勢から力を出すというのが苦手にしていた」と話す27歳は、最大体重から1.5~2キロほど減量して今季に臨んでいる。これまでは故障と戦う時期もあったが、体を絞り、思い通りに動かせる筋肉を増すイメージができたことで、自身の体をコントロールできるようになってきた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集