[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケンブリッジ飛鳥、「苦手」改善が生んだ復活V スタートに力強さが加わった理由とは

3年ぶりの自己ベスト更新「不安、焦りがあった」

 元々後半の走りには自信を持っていたが、課題だったスタートで、低い姿勢から力を引き出せるようになってきた。この日の決勝では、スタートから一気に加速。先頭に立ってレースを引っ張った。終盤で伸びてきた桐生と最後は競ったが、失速せずに逃げ切った。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

「集中できてたのもありますし、(桐生とは)2つレーンが開いていたので、最後の数メートルくらいまでは自分の走りをしていたのかなと。ラスト何メートルくらいかで彼が視界に入ってきたんですけど、上体が立たないように、ある程度の形は前回(GGP)より作れていたのかなと思います」

 リオ五輪の男子4×100mリレーのアンカーとして銀メダルを獲得。翌年に10秒08をマークするも、そこから思うような記録が出せずに苦しんだ。「いろんな人がいい結果を残したり、世界選手権では悔しい思いもたくさんしたり、不安というか焦りというか、そういうのはあったと思います」と苦悩を隠さない。それでも、今は自信をもって9秒台を見据えることができる。

「自分のペースで、今回久しぶりに自信をもって9秒台が見えてきたかなと言えるようになりましたし、記録だけを意識しすぎないで、コンスタントにいい記録で走っていけば、おのずと狙っていけるのかなと思います。

 自分の走りの中で、2017年と今は全く違います。今の方が(9秒台に)近いのか、あの時の方が近いのか、何ともいえないですが、2017年のときは本当に体の状態も良くて。ただ、あの時は日本選手権以外はダメだったので、そういう意味では今年の方が近いのかなと思います」

 次戦は「ずっと出る出る詐欺をしていた(笑)」という富士北麓ワールドトライアルの200mを予定している。「200mを今どのくらいで走れるのかなというのもあるので、ベストは更新したい。学生の時から止まっているので」。大学2年時の2013年と、2016年にマークした20秒62の更新を目指す。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集