[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前の世界1位、マレーに復活の陽は昇るのか フェデラーと“復帰戦”へ

今シーズンの男子テニスはロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)が鮮やかな復活劇を演じた。一方、2人とともに「BIG4」の一角を形成したアンディ・マレー(英国)は負傷に苦しみ、1年前の世界1位はトップ10から名前が消えた。現在16位の30歳だが、7日(日本時間8日)にフェデラーとエキシビションマッチと対戦。復活の第一歩を受け、マレーの兄ジェイミー氏が英紙「デイリー・テレグラフ」の取材に応じている。

7日にエキシビションマッチで復帰へ、兄が胸中代弁「興奮しているのは間違いない」

 今シーズンの男子テニスはロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)が鮮やかな復活劇を演じた。一方、2人とともに「BIG4」の一角を形成したアンディ・マレー(英国)は負傷に苦しみ、1年前の世界1位はトップ10から名前が消えた。現在16位の30歳だが、7日(日本時間8日)にフェデラーとエキシビションマッチと対戦。復活の第一歩を受け、マレーの兄ジェイミー氏が英紙「デイリー・テレグラフ」の取材に応じている。

 ついに復活の第一歩を示すマレー。記事では1歳上の兄ジェイミー氏が、腰の負傷で離脱した7月のウィンブルドン以降の歩みについて説明している。

「アンディは、チームとともにジム内でのトレーニングに臨み、コートに戻るためのトレーニングを続けてきた。直近の3週間ではボールを使ったトレーニングを開始していた」

 このように復帰までの道のりを明かしたジェイミー氏。親善試合とはいえ、フェデラーとの対戦を復活の足掛かりにしているマレーの意欲について、代弁している。

「今の状況は彼がツアーに参加してから最も実戦から離れた期間だと思う。だからこそ、また試合をすることに興奮しているのは間違いないね。彼自身、競争が大好きで、自分自身の体をテストする機会となるはずだ。このプランは、来年の初めに全豪オープンに戻るためだからね」

 マレーは昨年優勝を果たしたATPツアーファイナルズこそ欠場。ただし、負傷が癒えれば世界トップクラスであることは間違いない。非公式戦とはいえ、フェデラーとのマッチアップで、来季への手応えをつかむことはできるか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集