[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「このバカさ加減、見ずにいられない」 ダ軍走者の“ヘディング守備妨害”に米困惑

米大リーグ・ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン外野手が、24日(日本時間25日)のロッキーズ戦で驚きのプレーを見せた。走塁中、ランダウンプレーで送球を“ヘディング”してセーフを勝ち取ろうとするも、守備妨害でアウトに。実際のシーンをMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。現地ファンからは「このバカさ加減、見ずにはいられない」「究極のチームファースト」などと反響が寄せられている。

ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン【写真:AP】
ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン【写真:AP】

ダイヤモンドバックスのカルフーンが披露した“ヘディング”とは…

 米大リーグ・ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン外野手が、24日(日本時間25日)のロッキーズ戦で驚きのプレーを見せた。走塁中、ランダウンプレーで送球を“ヘディング”してセーフを勝ち取ろうとするも、守備妨害でアウトに。実際のシーンをMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。現地ファンからは「このバカさ加減、見ずにはいられない」「究極のチームファースト」などと反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 衝撃のシーンは5回1死一塁の場面で生まれた。一塁走者だったカルフーンは、レフトフライでハーフウェーから帰塁。一塁への返球が逸れたため、二塁を目指した。しかし、捕手がバックアップに入っていたため、一二塁間で挟まれるランダウンプレーとなった。

 ここで捕手が二塁へ送球するのだが、カルフーンはなんとその球を“ヘディング”で阻止。ヘルメットに当て、二塁に到達した。しかし、これは守備妨害となり、カルフーンはアウトに。ロブロ監督が猛抗議するも判定は覆らず、しかもロブロ監督は退場処分となった。

 実況も思わず爆笑した実際の動画を「Cut4」がツイッターに公開。文面に「強気なプレー」とつづったほか、妨害を受けたロッキーズの公式ツイッターも「落ち着くまでに多くのことが……」と文面に記し、同様のシーンを公開している。まさかの出来事に、米ファンからも様々な反響が寄せられている。

「30年以上野球を見てきて何でも知っているつもりだったが、そうではなかった」
「このバカさ加減、見ずにはいられない」
「痛ッ!」
「もしアウトにならないためにわざと頭にぶつけているなら、究極のチームファーストだよね」
「ヘッドバットでの完璧なエンディング」
「確かに頭に当ててるね」
「実際、すごく賢いよね」
「何という妨害」
「ヘディングシュート」
「何これ、ドッジボール?」
「自分は何を見ているんだろう」

 ダイヤモンドバックスは2-3でこの試合に敗北。必死のプレーが実を結ぶことはなかった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集