[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「遅すぎて打者は笑うしかない」 200勝右腕の87km“超遅球”に米メディアは拍手

米大リーグ、アストロズのザック・グリンキー投手が23日(日本時間24日)のパドレス戦に先発。6回4安打3失点、4奪三振の好投も勝敗はつかなかったが、大胆に披露した54マイル(約86.9キロ)の“超遅球”が注目を集めている。MLBが動画を公開し話題を呼んでいたが、米メディアも「打者は笑うしかなかった」などと脚光を浴びせている。

アストロズのザック・グリンキー【写真:AP】
アストロズのザック・グリンキー【写真:AP】

36歳グリンキーの山なりボールが反響拡大

 米大リーグ、アストロズのザック・グリンキー投手が23日(日本時間24日)のパドレス戦に先発。6回4安打3失点、4奪三振の好投も勝敗はつかなかったが、大胆に披露した54マイル(約86.9キロ)の“超遅球”が注目を集めている。MLBが動画を公開し話題を呼んでいたが、米メディアも「打者は笑うしかなかった」などと脚光を浴びせている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 36歳のベテラン右腕グリンキーが老獪な投球であっと驚かせた。3回だ。2死走者なしの場面、左打者グリシャムに対してのカウント1-1からの3球目。右腕から放たれた白球はふわりと山なりに弧を描きながら内角高めへ。気の抜けたような遅球にタイミングを崩された打者は呆然と見送るだけ。見事にストライクをとった。

 スローカーブの球速はなんと54マイル。打者も思わず苦笑いだ。MLBは公式インスタグラムに「スローボール!」とつづり、実際のシーンを捉えた動画を公開していたが、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」も「ザック・グリンキーが54マイルの球でストライクを取り、パドレスの打者は笑うしかなかった」と見出しを打って特集している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集