[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、芸術的な“黒板アート”に海外注目 露ファンは感激「家に持って帰りたい」

フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)。海外でも人気を集める羽生だが、日本で話題を呼んだ黒板アートがロシアで注目を集めている。ロシアメディアが実際の画像を公開すると、「黒板を家に持って帰りたい」などと反響が集まっている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

テレビ番組で取り上げられ話題に

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)。海外でも人気を集める羽生だが、日本で話題を呼んだ黒板アートがロシアで注目を集めている。ロシアメディアが実際の画像を公開すると、「黒板を家に持って帰りたい」などと反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 芸術的な仕上がりだ。躍動感たっぷりに描かれた6人の羽生。中でもひときわ目を引くのは中央の作品。ニースでの2012年世界選手権のもので、17歳の羽生が雄たけびを上げている。それぞれ表情が全く違う。とてもチョークで描いたとは思えないクオリティーだ。

 これは日本人の教師が描いた作品で、日本のテレビ番組でも取り上げられ話題を呼んだもの。ロシアメディア「sports.ru」のフィギュア版公式インスタグラムはチョークで描かれた最高の作品などと紹介して、実際の画像を投稿。これには現地ファンから「最高」「ゴージャス」「黒板を家に持って帰りたい」「消せない」「この黒板は不可侵」などと反響のコメントが寄せられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集