[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

退屈な試合に「喝」!? “メッシ級”警察犬の乱入に笑撃「価値ある試合にしたMVP」

海外サッカーで試合中にピッチに警察犬が乱入し、不審者を追うはずのエリート犬が選手に追われる珍事が発生した。しかし、退屈な試合を一変させた“メッシ級の救世主”の乱入シーンを海外メディアが公式ツイッターに動画付きで紹介。あまりに可愛すぎる珍客に対し、海外メディアは「警察犬が退屈な試合でおサボりプレー」「見るべき価値のある試合にした彼こそMVP」などと笑撃と称賛が広がっている。

ボリビアで試合中に乱入、凡戦を沸かせた“救世主”に絶賛「プロフェッショナルな警察犬」

 海外サッカーで試合中にピッチに警察犬が乱入し、不審者を追うはずのエリート犬が選手に追われる珍事が発生した。しかし、退屈な試合を一変させた“メッシ級の救世主”の乱入シーンを海外メディアが公式ツイッターに動画付きで紹介。あまりに可愛すぎる珍客に対し、海外メディアは「警察犬が退屈な試合でおサボりプレー」「見るべき価値のある試合にした彼こそMVP」などと笑撃と称賛が広がっている。

 見るものすべての目が点になった。ある意味、衝撃的なシーンが生まれたのは、10月24日(日本時間25日)のボリビア1部リーグブルーミング―ナシオナル・ポトシの一戦だった。

 前半38分。ナシオナル・ポトシが2-1とリードしていたが、内容は凡戦。そんな展開に苛立って「俺が出る」と言ったわけではないだろうが、“彼”は衝撃的な登場を飾った。中継映像はセンターサークル付近で、両チームともにヘディングで前線へ送り合い、ボールが落ち着かない様相を映し出していた。しかし、ようやくボールが落ち着くかと見られた瞬間だった。

 突然、画面の右から左へ異次元のスピードでダッシュする謎の物体が現れた。犬。それも、警察犬だ。黒のシェパードは大映しになると、どこで奪ってきたのか空気の抜けたボールを口にくわえ、どこか楽しげの表情に見える。試合はいったん中断。両チームの選手が捕獲にかかったが、ここからドラマは始まった。

 メッシもびっくりだろう超俊足を生かし、ピッチを疾走。健脚で鳴らした選手たちですら追いつけず、ペナルティエリアまで縦横無尽に駆け回った。そして、ほどなくしてセンターサークルに戻ってきた隙を突き、一人の選手が捕獲。ようやく大捕り物が終わると、本来の“飼い主”である警察官がピッチに入り、リードをつけて走って一種にピッチの外へ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集