[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

緩慢守備でランニングHR ネットに絡まる巨漢106kg選手に笑撃「リトルリーグのよう」

6日(日本時間7日)の米大リーグ、ホワイトソックス対ブルワーズ戦で笑撃のランニングホームランが飛び出した。ホワイトソックスのエロイ・ヒメネス左翼手が、打球処理で防球ネットに体ごと乗り上げ、ひっくり返る事態に。もたもたしている間に打者走者がホームインする実際の動画を、MLB公式が公開した。米ファンからは「リトルリーグのような守備」「何が起きたんだ?」などと反響が寄せられている。

ホワイトソックスのエロイ・ヒメネスの緩慢守備に反響が集まっている【写真:AP】
ホワイトソックスのエロイ・ヒメネスの緩慢守備に反響が集まっている【写真:AP】

ホワイトソックス・ヒメネスの緩慢な動きに米ファン「来年DHだろう」

 6日(日本時間7日)の米大リーグ、ホワイトソックス対ブルワーズ戦で笑撃のランニングホームランが飛び出した。ホワイトソックスのエロイ・ヒメネス左翼手が、打球処理で防球ネットに体ごと乗り上げ、ひっくり返る事態に。もたもたしている間に打者走者がホームインする実際の動画を、MLB公式が公開した。米ファンからは「リトルリーグのような守備」「何が起きたんだ?」などと反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まずい守備が出てしまった。5回1死走者なし、ブルワーズの打者イエリッチが左翼線に打ち上げた。これを追う巨漢ヒメネスだが、落下地点への動きが鈍い。目測を誤ったのか、少しふらついている。結局追いつけず、打球はグラブの先をかすめるようにフェアゾーンへ落ちた。

 捕球できなかったヒメネスは勢いあまって三塁側観客席の方向へ。緩く張り巡らされた防球ネットに腰から体ごと乗り上げ、ひっくり返ってしまった。193センチ、106キロの巨体がもたもたしている間に、イエリッチは生還。まさかの2号ランニング本塁打となった。

 実際の動画を、MLB公式ツイッターが公開。文面には「イェリによるインサイド・パークHR」とつづっている。米ファンからは「今まで見てきた中で最悪のプレーだ」「これはエラーだからHRじゃない」「この男はプロ野球選手か?」「リトルリーグのような守備」「ネットがこのHRをアシストしたね」「何が起きたんだ?」「彼は来年DHだろう」などと反響が寄せられている。

 また米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「ホワイトソックス外野手のエロイ・ヒメネスは捕球を試みたが、ヒメネスはネットにひっかかり、客席にハマってしまった」と、緩慢守備が生んだランニング本塁打を記事で伝えていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集