[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュへ称賛続々 51年ぶり快挙導く好投に米メディア「先発陣の好調を牽引」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が5日(日本時間6日)、ロイヤルズ戦で今季3度目の先発。7回5安打1失点の好投で2勝目を挙げた。カブスは開幕12試合で10勝に到達。チームでは51年ぶりの快挙となった。米メディアは「カブス先発陣の好調を牽引」「優秀なピッチャーとしての姿を取り戻しつつある」などダルビッシュへ続々と称賛を送っている。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

カブスは開幕から12戦で10勝に到達、チーム史上4度目の快挙

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が5日(日本時間6日)、ロイヤルズ戦で今季3度目の先発。7回5安打1失点の好投で2勝目を挙げた。カブスは開幕12試合で10勝に到達。チームでは51年ぶりの快挙となった。米メディアは「カブス先発陣の好調を牽引」「優秀なピッチャーとしての姿を取り戻しつつある」などダルビッシュへ続々と称賛を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ダルビッシュは3回無死一、三塁から併殺の間に1点を失うも、その後は得点を与えず。6回には無死二塁、一死三塁のピンチを背負ったが踏ん張り、7回は3者凡退としてマウンドを降りた。与四球1、4奪三振の内容だった。最速は97.5マイル(約156.9キロ)。

 6回2安打無失点だった前回登板に続き、2戦連続でQSを達成。カブスは6連勝で、開幕から12試合で10勝に到達した。MLB公式は「1901年以降、カブスが開幕12試合で10勝以上を挙げたシーズンは4回しかない(1907年=10勝2敗、1934年=10勝2敗、1969年=11勝1敗、2020年=10勝2敗)」と、51年ぶりの快挙を伝えている。

 背番号11の躍動に、米メディアは続々と称賛を送っている。MLB公式サイトのカブス番記者ジョーダン・バスティアン氏は「ダルビッシュは力強く、防御率も向上。また、チームにはドラマを起こさせないための武器もそろっている」とツイッターにつづっている。

 また、米放送局「NBCスポーツ・シカゴ」電子版は「ユウ・ダルビッシュがカブス先発陣の好調を牽引 ブルペンが引き継ぐ」との見出しで記事を掲載し、「ダルビッシュは7回を安定したピッチングで投げ抜いている」と記している。

 米地元紙「シカゴ・トリビューン」も、「今季のスタートは不安定だったが、ユウ・ダルビッシュは昨季終盤に見せた優秀なピッチャーとしての姿を取り戻しつつある」と評価。なお同紙によると、同一カード3連戦でダルビッシュを含むカブスの先発3人がそれぞれ最低7回までを投げ抜いたのは、2016年9月19日から21日までのシンシナティ・レッズ戦以来の出来事だったという。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集