[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はPFP2位 米プロモーター高評価、スペンスが復帰戦勝利でも「イノウエの次」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期状態が続いている。米専門誌「ザ・リング」のPFPでは3位をキープするなど依然として高評価だが、米プロモーターはPFPの2番手として評価している。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

スペンスをプロモートするディベラ氏が井上を評価

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期状態が続いている。米専門誌「ザ・リング」のPFPでは3位をキープするなど依然として高評価だが、米プロモーターはPFPの2番手として評価している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ボクシング専門メディア「セコンド・アウト」公式YouTubeに登場したのはプロモーターのルー・ディベラ氏。前WBA世界スーパーライト級王者レジス・プログレイスら実力者を顧客に抱えるディベラ氏は、昨年10月に愛車のフェラーリが大破する交通事故に遭遇したWBC&IBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンス・ジュニア(米国)の現状についてまず分析している。

「スペンスは事故以前、この階級でナンバーワンの才能だった。大きな休養期間があったが、ドクターも陣営も彼もリスクを冒すにふさわしいと考えたんだろう」

 11月21日に元WBC世界ウェルター級王者のダニー・ガルシア(米国)とFOXテレビのペイパービューで戦うことが発表されたが、タレント豊富なウェルター級でスペンスの実力をディベラ氏は称賛。そして、格下相手の勝利に以前ほどの意味はないと指摘した敏腕プロモーターは、スペンスがガルシア戦で勝利を収めれば、実績面でWBO同級王者のテレンス・クロフォード(米国)を超えると断言している。

「クロフォードを超えるか? イエスだ。クロフォードが偉大ではないという理由ではない。クロフォードにはスペンスと同じレベルの実績を持った相手と戦うチャンスがないからだ。特にスペンスがガルシアを破れば、それは偉大な勝利だろう」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集