[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「イチロー彷彿」の大遠投 右翼手の史上5位長距離補殺に米衝撃「キャノォオオオン」

米大リーグで、ドジャースの外野手が驚異の大遠投でファンの度肝を抜いた。右翼ポール際から三塁までノーバウンド送球を演じ、打者走者を刺した。その距離、なんと305フィート(約93メートル)。計測史上5位という大遠投補殺をMLBが動画付きで公開し、「イチローのキャノンを思い出させる」とファンの度肝を抜いている。

ドジャースのムーキー・ベッツ【写真:AP】
ドジャースのムーキー・ベッツ【写真:AP】

ド軍ベッツが三塁へ93メートル大遠投、米ファン「イチロー砲を思い出させる」

 米大リーグで、ドジャースの外野手が驚異の大遠投でファンの度肝を抜いた。右翼ポール際から三塁までノーバウンド送球を演じ、打者走者を刺した。その距離、なんと305フィート(約93メートル)。計測史上5位という大遠投補殺をMLBが動画付きで公開し、「イチローのキャノンを思い出させる」とファンの度肝を抜いている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 この規格外の身体能力こそメジャーの醍醐味だ。主役はドジャースのムーキー・ベッツ外野手。31日(日本時間1日)の敵地ダイヤモンドバックス戦の初回だった。先頭マーテイが右翼線を破る打球を放ち、これに対応したのが右翼手のベッツ。マーテイは二塁を蹴り、三塁を狙っていたが、ベッツが捕球したのは右翼ポール際のファウルゾーン。三塁から最も遠い位置だ。

 しかし、4年連続ゴールドグラブ賞の本領はここからだ。ベッツは右腕をぶん回すと、放たれた白球は糸を引くように伸び、三塁方向に一直線。しかもノーバウンドのまま、三塁手のミットにほぼストライクで収まると、間一髪のタイミングでマーテイをアウトにしてみせたのだ。驚異の大遠投に、実況席も大興奮の様子で超ファインプレーを伝えていた。

 スタットキャストによると、305フィート(約93メートル)を計測し、2015年以降で計測された補殺で史上5番目の大遠投。MLB公式インスタグラムは「信じられないなら、ムーキーのこの送球を見るべし」と実際のシーンを動画付きで公開すると、米ファンからは驚きの声が上がり、続々と反響が寄せられている。

 コメント欄では「キャノン砲の持ち主」「Wow なんという送球! キャノォオオオン」「イチローのキャノンを思い出させる」「驚異のレーザービーム」「凄いプレーだ」「フィールドにミサイル設置させたのは誰だ」「ムーキーの時は走るなよ……」などと続々書き込まれていた。

 ベッツはレッドソックス時代の昨年9月23日のレイズ戦でも三塁へ同距離で補殺を記録しているとあって、「レッドソックスのファンなら、これは悪手だと分かってる」「レッドソックスのファンだから、これ何度も見たわ」との声も上がるなど、さすがの強肩ぶりが改めてクローズアップされていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集