[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「犯罪のような投手だ」 大谷翔平斬り右腕の「嫌らしい」変化球に米熱視線

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間8月1日)、本拠地アストロズ戦に「4番・指名打者」でスタメンしたが、4打数無安打に終わり、3試合連続本塁打はならなかった。一方、完璧に封じ込んだ相手先発のランス・マッカラーズ投手が大谷を三振に斬った変化球に米国で脚光。「嫌らしい変化球だ」「犯罪のような投手だ」と反響を呼んでいる。

アストロズ戦にスタメン出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦にスタメン出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷を三振に斬ったマッカラーズの投球に「タチが悪い!」の声

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間8月1日)、本拠地アストロズ戦に「4番・指名打者」でスタメンしたが、4打数無安打に終わり、3試合連続本塁打はならなかった。一方、完璧に封じ込んだ相手先発のランス・マッカラーズ投手が大谷を三振に斬った変化球に米国で脚光。「嫌らしい変化球だ」「犯罪のような投手だ」と反響を呼んでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2戦連発中の大谷を完璧に封じ込んだ。初回1死一、二塁、カウント1-1からマッカラーズが3球目に投じたのは88マイル(約141キロ)のチェンジアップ。直球と同じ腕の振りから放たれたボールは大谷から逃げるように沈み、空振りを奪った。1-2に追い込み、続けて投じたのは86マイル(約138キロ)のナックルカーブだ。

 今度は手元でストライクゾーンからストンと落ち、ワンバウンドとなったが、大谷のバットは止まらず。空振り三振に斬って取った。続くアップトンを中飛に打ち取り、無失点で切り抜けたマッカラーズ。直後の2回に味方の打線が爆発し、一挙4得点したとあって、流れを切った大谷への投球は価値が大きかった。

 二刀流を斬った絶品の2球について、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに動画付きで公開し、「ランス・マッカラーズが投じた88マイルの嫌らしいチェンジアップと86マイルのナックルカーブによる連続空振り」と紹介した。

 目の当たりにした米ファンからも「タチが悪い!」「美しい」「犯罪のようなピッチャー」と称える声が相次いでいた。26歳のマッカラーズは自身初の10勝を挙げた18年オフに右肘を手術。今シーズン復帰し、初登板から2連勝となった。決め球であるナックルカーブを武器に、今季はアストロズの先発の一角として期待できそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集