[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がWBSSを回想 注目の今後にも言及「転級だったり色々と視野が広がると思う」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。次戦の発表が待たれる井上は、昨年11月に優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の公式YouTubeに登場。インタビューでは今後の戦略を披露し、カシメロ戦以外に将来的なスーパーバンタム級転級の選択肢も明らかにしている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

WBSS公式YouTubeのインタビューに登場

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となっている。次戦の発表が待たれる井上は、昨年11月に優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の公式YouTubeに登場。インタビューでは今後の戦略を披露し、カシメロ戦以外に将来的なスーパーバンタム級転級の選択肢も明らかにしている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「Naoya Inoue」の名前を世界に知らしめたWBSSの公式メディアのインタビューに登場したモンスター。まずWBSS参戦時の心境に触れ、「スーパーフライ級時代はマッチメークに少してこずっていた部分もあるので、WBSS出場決定時には本当に強い選手とやれることを楽しみにしていた」と語っている。

 2018年10月の初戦、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦については「戦う前はまさか70秒で勝てると思っていなかった。倒す直前にはゾーンに入っていて、パヤノと自分の動きがスローモーションで見えるぐらいの出来栄えでした」と衝撃の70秒KOを回想。

 続くエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との準決勝は「初めてのグラスゴーでの戦いで。自分自身すごくワクワクした思い出。グラスゴーに乗り込み、ロドリゲス戦を迎えました。そして、最高の形で勝つことができたので最高の思い出になっています」と振り返っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集