[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8試合出場停止のド軍右腕ケリー、問題ビーンボールを米ファン支持「次は当てろよ」

米大リーグ機構は29日(日本時間30日)、28日(同29日)のアストロズ戦で相手打者に挑発的な態度をとったとして、ドジャースのジョー・ケリー投手に8試合の出場停止を下した。問題となったケリーのビーンボールを米メディアが動画付きで公開。米ファンからはケリーの行為を称賛する声が上がっている。

8試合の出場停止が明けて登板したジョー・ケリー【写真:AP】
8試合の出場停止が明けて登板したジョー・ケリー【写真:AP】

挑発行為が問題となるも、相手がアストロズとあって米ファンは支持

 米大リーグ機構は29日(日本時間30日)、28日(同29日)のアストロズ戦で相手打者に挑発的な態度をとったとして、ドジャースのジョー・ケリー投手に8試合の出場停止を下した。問題となったケリーのビーンボールを米メディアが動画付きで公開。米ファンからはケリーの行為を称賛する声が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 因縁の両チームの対戦で、やはり事件が起きた。6回、ドジャースの4番手右腕・ケリーは1死からブレグマンと対戦。カウント3ボールからの4球目だ。96マイル(約154キロ)のファストボールがすっぽ抜け、頭部をかすめるようにして背中を通りとんでもない軌道を描いて、そのままバックネットに当たった。

 この1球を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが紹介。「昨夜、ジョー・ケリーがアストロズのアレックス・ブレグマンに直撃しそうな96マイルの球を投じた」と添えると、米ファンからは多くのコメントが集まっている。

「彼はヒーローだ」
「この投球に関しては誰も驚かないね」
「アストロズには同情しない」
「すでにサイ・ヤング賞を与えても良いよ」
「近い! 次は当てろよ」
「グッジョブ」
「他チームのファンだが、ケリーを支持する」
「ジョー・ケリーはレジェンドだ」

 などと危険な投球にも関わず、賛同する声がほとんどだった。

 アストロズは昨オフ、2017年に組織的なサイン盗みを行っていたことが発覚。ドジャースは同年のワールドシリーズで3勝4敗で敗れていた。

 続く2死一、二塁の場面でコレアに対しても、あわや頭部死球かというビーンボールを投げ、さらに打ち取った後には舌を出して挑発。両チームがベンチから飛び出し、一触即発状態となっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集