[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レッズ右腕の「嫌らしい」150kmツーシーム 内角えぐる“超速変化”に反響「完璧だ」

米大リーグ・レッズの開幕投手を務めたソニー・グレイ投手の“150キロツーシーム”が米国で話題を集めている。24日(日本時間25日)のタイガース戦で投げ込んだキレキレのフロントドアを米名物セレブが動画で公開。米ファンからは「これはエゲツない」「完璧だ」などと驚く様子の反響が寄せられている。

レッズの開幕投手を務めたソニー・グレイ【写真:AP】
レッズの開幕投手を務めたソニー・グレイ【写真:AP】

米名物セレブも注目、レッズのグレイが開幕戦で投じた「エグい」変化球とは

 米大リーグ・レッズの開幕投手を務めたソニー・グレイ投手の“150キロツーシーム”が米国で話題を集めている。24日(日本時間25日)のタイガース戦で投げ込んだキレキレのフロントドアを米名物セレブが動画で公開。米ファンからは「これはエゲツない」「完璧だ」などと驚く様子の反響が寄せられている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 打者が恐怖を感じるようなフロントドアだ。昨季まで3年連続2ケタ勝利を達成している右腕・グレイ。左打者の体へ向かうような軌道で投じられた1球は、ベース手前で急変化。逃げるように大きく曲がり、内角をえぐって捕手のミットに収まった。あまりのキレに、打者のニコ・グッドラムも完全に腰が引けてしまい、バッドを振ることもできなかった。

 グレイが投じた93マイル(約150キロ)のツーシームに注目したのは、SNS上で投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる名物セレブのロブ・フリードマン氏だった。自身のツイッターに「ソニー・グレイの、93マイルの嫌らしいフロントドアツーシーム」とつづり、実際の動画を公開している。

 西武から移籍した秋山翔吾も所属するレッズの開幕投手が投じた驚異の変化球。米ファンからは「打者の反応は嫌らしいツーシームを投げられた時に出るリアクションそのものだ」「これはエゲツない」「開幕直後とは思えない投球」「これは不公平だ」「不気味なピッチング!」「完璧だ」「素晴らしい」「気味が悪いな」などと反響が寄せられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集