[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ゴール前3mの余裕」― 世界的GKの“闘牛士トリック”が話題「本当にキーパー?」

サッカーのイングランド1部プレミアリーグで、世界的GKがゴール前で猛追してきた相手FWをループフェイント「シャペウ」でかわす魅惑のプレーが発生。ゴール前3メートルで演じた決定的瞬間をリーグ公式インスタグラムが動画付きで紹介すると、ファンに「本当にキーパーか?」「GKにはあり得ない余裕」と反響を呼んでいる。

スペイン代表GKが自陣ゴール前で「シャペウ」炸裂…ファン驚愕「GKにはあり得ない余裕」

 サッカーのイングランド1部プレミアリーグで、世界的GKがゴール前で猛追してきた相手FWをループフェイント「シャペウ」でかわす魅惑のプレーが発生。ゴール前3メートルで演じた決定的瞬間をリーグ公式インスタグラムが動画付きで紹介すると、ファンに「本当にキーパーか?」「GKにはあり得ない余裕」と反響を呼んでいる。

 まるでフィールドプレーヤー。それも、自陣ゴール前3メートルのプレーとは思えない。お洒落なプレーを演じたのは、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアだ。

 リーグ公式インスタグラムは第9節で起きたスーパープレーの数々を公開。その中で最も話題を呼んだのは、ハダースフィールド戦で魅惑の足技を披露した世界的GKだった。ゴール前でバックパスを受けたデ・ヘア。すると、猛スピードで相手FWが至近距離までチェイシングしてきた。観客がヒヤリとする一瞬。慌てて前方にクリアするのかと思いきや、驚きのプレーを演じた。

 相手FWがもう1メートルまで迫ったところで、大きく蹴り出すと見せかけた右足は急に勢いを止めた。そして、ふんわりとボールを浮かせ、相手FWをボールの下に通したのだ。ゴール左サイドに3メートルほど反らし、余裕をもってトラップ。表情を変えることなく、悠然とキープしてみせた。

 その姿は、まるで母国スペインを代表する闘牛士のよう。ロナウジーニョ、ネイマールの真骨頂でもある高等テクニック「シャペウ」を炸裂させるのは、GKとしては異例だ。しかも、ゴール前のわずか3メートル前。失敗すれば失点のリスクが伴うが、いとも簡単にやってのけるから恐れ入る。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集