[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ドラ1じゃない逸材」こそ注目!? ドラフト114人に隠れた“掘り出し物”候補は?

NPBのプロ野球ドラフト会議は今年も支配下、育成を合わせて114人が指名され、プロ入りの切符を掴んだ。7球団が強豪した日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)を筆頭に計11球団が抽選となるなど、1巡目指名は大きな注目が集まったが、ルーキーたちの最初の目標は新人王である。

今季はドラ2&3が新人王候補、全体85番目も…スカウトの目利きが鍵、2位以下の注目選手

 NPBのプロ野球ドラフト会議は今年も支配下、育成を合わせて114人が指名され、プロ入りの切符を掴んだ。7球団が強豪した日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)を筆頭に計11球団が抽選となるなど、1巡目指名は大きな注目が集まったが、ルーキーたちの最初の目標は新人王である。

 しかし、1年先輩にあたる今年の新人王レースはセは中日2位の京田陽太内野手(日大)、パは西武3位・源田壮亮内野手(トヨタ自動車)が有力候補に挙がる。ほかにもパは昨年の全体85番目で指名された楽天9位・高梨雄平投手(JX-ENEOS)が46試合で防御率1.03、セは高卒ルーキーのDeNA5位・細川成也外野手(明秀学園日立)が28日の日本シリーズでスタメンを勝ち取るなど、1位以外の逸材が躍動している。

 果たして、スカウトの目利きによって今年、指名した「ドラ1じゃない」注目の逸材は誰なのか。

 今年の京田、源田の両遊撃手のブレイクで言うと、同じレールで期待されるのがロッテ2位・藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)だ。名門チームで源田の後を継いでショートを守り、社会人侍ジャパンに選出。50メートル5秒9の俊足に遠投120メートルの強肩を誇る。ウェーバー順で全体13番目に指名された逸材。遊撃の手薄なロッテで定位置を掴めば、ブレイクする可能性がありそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集