[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重9kg増デシャンボー、驚異のマン振り“376yドライバー”に米衝撃「ふざけてる」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのロケットモーゲージクラシック初日が2日(日本時間3日)、米ミシガン州デトロイトGCで行われ、世界ランク10位ブライソン・デシャンボー(米国)は66で回り6アンダーで4位発進。PGAツアー公式インスタグラムは、14番でイーグルを奪った驚異的な“マン振り376ヤード”のドライバーショットの動画を公開すると、ファンから「これはふざけてる」「ビッグボーイのスイング」と驚いた様子の声が上がっている。

ブライソン・デシャンボー【写真:Getty Images】
ブライソン・デシャンボー【写真:Getty Images】

デシャンボーが渾身のスイング、コロナ禍に増やした筋肉のたくましさにも注目

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのロケットモーゲージクラシック初日が2日(日本時間3日)、米ミシガン州デトロイトGCで行われ、世界ランク10位ブライソン・デシャンボー(米国)は66で回り6アンダーで4位発進。PGAツアー公式インスタグラムは、14番でイーグルを奪った驚異的な“マン振り376ヤード”のドライバーショットの動画を公開すると、ファンから「これはふざけてる」「ビッグボーイのスイング」と驚いた様子の声が上がっている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ムキムキの体で破壊的なスイングを披露した。571ヤードの14番パー5。デシャンボーは渾身のパワーを使ってドライバーを振り抜いた。これでもかと言わんばかりの力が込められたスイング。ボールは強烈なインパクト音とともに遥か彼方へと飛んでいった。しっかりフェアウェーを捉え、計測した距離はなんと376ヤードだ。

 残り195ヤードの第2打を9アイアンでグリーンに乗せ、10メートルのロングパットをねじ込んでイーグルとした。ドライバーショットの動画を公開したPGAツアーは公式インスタグラムに「ブライソン・デシャンボーは見ていて楽しい」と投稿。ファンに衝撃が広がっている。

「ビッグボーイのスイング」
「万能の神」
「最上級のスイング」
「これはふざけてるよね」
「どのスイングも簡単そうに見えるね」
「9アイアンで200ヤード??」
「ドライバーで376ヤードからの9アイアンでイーグルって(笑)」

 このホールのドライビングディスタンスは、2番手のキャメロン・チャンプ(米国)に34ヤード差をつけるダントツトップ。日本人で唯一出場した松山英樹(LEXUS)は340ヤードで4番手だった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間中に体重を9キロアップさせたデシャンボー。パワーアップした成果を存分に見せつけているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集