[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、「とてつもないステージ」に米解説者も絶賛の嵐「五輪V候補筆頭」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。2位に9点以上の差をつけ、圧巻の首位発進となった。海外メディアから「凄まじい素質だ」などと称賛されている。

GPカナダ大会、100点超のSP首位にファンは総立ち喝采、海外記者も賛辞

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。2位に9点以上の差をつけ、圧巻の首位発進となった。海外メディアから「凄まじい素質だ」などと称賛されている。

 宇野が圧巻の演技で世界を魅了した。挑んだGP初戦。冒頭の4回転フリップを完璧に成功すると、後半も4回転トーループ―2回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた。滑り終えると観客は総立ちとなったスタンディングオベーションを送り、19歳は満足げに何度か小さくうなずいた。

 2位のソチ五輪銀メダルの地元、パトリック・チャン(カナダ)に9点差以上をつける圧倒ぶり。米スケート専門メディアは初日の特集の中で「見事なショートプログラム」と見出しを打って紹介。米国のフィリップ・ハーシュ記者は「凄まじい素質だ」と自身のツイッターで賛辞を送っている。

 大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」では、解説者が「オリンピック優勝候補筆頭」と評していた宇野。海外メディアからも称賛された魅惑の演技で、フリーでは優勝を目指す。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answerプロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集