[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「なぜ、マエダを下げた?」 前田健太の交代にド軍ファン怒り「やりすぎ采配だ」

米大リーグのワールドシリーズ第3戦は、ドジャースの前田健太投手が敵地アストロズ戦の2回途中から緊急登板し、2回2/3を投げ、1安打無失点だった。続く3番手のワトソンがあっさり失点したことから、「なぜマエダを下げた?」とドジャースファンは大合唱を上げている。試合は3-5でドジャースが敗れ、対戦成績は1勝2敗となった。

緊急登板で快投も後続があっさり失点…采配に疑問の声「なぜ、ミスを犯し続ける?」

 米大リーグのワールドシリーズ第3戦は、ドジャースの前田健太投手が敵地アストロズ戦の2回途中から緊急登板し、2回2/3を投げ、1安打無失点。2回途中に4失点KOされたダルビッシュ有投手の後を受け、圧巻の好投を見せたが、デイブ・ロバーツ監督は5回1死でお役御免に。続く3番手のワトソンがあっさり失点したことから、「なぜマエダを下げた?」とドジャースファンは大合唱を上げている。試合は3-5でドジャースが敗れ、対戦成績は1勝2敗となった。

 想定外の出番でも絶体絶命のピンチでも、リリーバー前田は盤石だった。0-4で迎えた2回2死二、三塁からスクランブル登板となった背番号18は、強打を誇るアストロズの主砲コレアをわずか2球で右飛に仕留めた。

 3回は2死からポストシーズン(PS)で初めて四球を出し、4回は先頭マッキャンに詰まった当たりでPS2本目のヒットを許したが、続くスプリンガー、ブレグマンを圧巻の2連続三振。ともに無失点で切り抜けたが、5回は先頭のコレアを遊ゴロで打ち取ったところで、ロバーツ監督は継投を決断した。

 続くグリエルも右打者で“右キラー”前田の力を発揮できる場面だったが、3番手のワトソンは2安打などであっさりと失点。日本人右腕の力投で流れを引き戻しかけたところで、痛恨の失点となった。

 PS7試合で9イニングを投げ、堂々の無失点。防御率0.00というパーフェクトの男「MAEDA」を下げたロバーツ監督の継投に、ドジャースファンはツイッター上で不満を爆発させている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集