[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、圧巻SP首位 米解説者「ビューティフル」連呼の大絶賛「五輪V候補筆頭」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。大会を中継した海外の解説者から「とてつもないステージ」「オリンピック優勝候補筆頭」と絶賛の嵐を浴びている。

GPカナダ大会、100点超でSP首位…海外解説者が絶賛の嵐「とてつもないステージ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。2位に9点以上の差をつけ、圧巻の首位発進となった。大会を中継した海外の解説者から「とてつもないステージ」「オリンピック優勝候補筆頭」と絶賛の嵐を浴びている。

 運命の五輪シーズン、GP初戦で宇野が美しく躍動した。冒頭の4回転フリップを完璧に成功。一気にリズムに乗ると、切れのあるスピン、ステップを刻み、後半に入っても疲れを見せず、4回転トーループ―2回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。滑り終えると日本のファンのみならず、現地の観客が総立ちになって拍手喝さいとなった。

 演技後、納得を示すように小さく何度かうなずき、笑みを浮かべた宇野。スコアは103.62点。9月のロンバルディア杯で記録した104.87点の自己ベストに迫る高得点となった。

 圧巻の演技に対し、中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」では解説者が賛辞を送り続けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集