[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清宮抽選、ソフトBは残り物に福? 2巡目はロッテから…ドラフトのカギ握る“順番”

NPBのプロ野球ドラフト会議が今日26日、午後5時からグランドプリンスホテル新高輪で行われる。高校通算111本塁打を放った早実・清宮幸太郎内野手が大注目を浴びるが、ファンにとって事前に理解しておきたいのが、希望選手の選択順だ。2巡目以降に加え、清宮で競合した場合の抽選順も事前に決まっている。

ドラフト左右するウェーバー制、事前に理解しておきたい「抽選&選択順」は?

 NPBのプロ野球ドラフト会議が今日26日、午後5時からグランドプリンスホテル新高輪で行われる。高校通算111本塁打を放った早実・清宮幸太郎内野手が大注目を浴びるが、ファンにとって事前に理解しておきたいのが、希望選手の選択順だ。2巡目以降に加え、清宮で競合した場合の抽選順も事前に決まっている。

 まず、1巡目は「入札抽選」で行われる。全球団が希望する選手名を同時に提出し、単独の場合は交渉権が確定。重複した場合は抽選が行われる。毎年、悲喜こもごものドラマが起こるクジ引き。注目したいのは抽選順だ。「球団順位の逆順(ウェーバー方式)」と規定されており、今季の交流戦で勝ち越して優先権を持つパ・リーグの下位から順にクジを引く。

 今年、競合が確実となっているのが清宮。前日までにソフトバンク、阪神、ヤクルトが1位指名を公表したが、仮に3球団だけの例で言うと、セ6位のヤクルト→セ2位の阪神→パ1位のソフトバンクの順になる。

 ウェーバー順で最後になるセ1位の広島は、すでに広陵・中村奨成捕手の指名を公表しており、ソフトバンクは他にどれだけ指名球団が増えても“残り物に福”を信じて最後に残った1枚を引くことになりそうだ。

 ちなみに、運命の「選択希望選手」の読み上げもロッテからになる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集