[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、開幕戦でプロ初の罰 理由は雨水対処の時間「ゴルフ人生で絶対忘れない」

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、首位と3打差のイーブンパーで初日を終えたが、開幕戦でプロ初となる規定違反の罰を受けた。

首位と3打差のイーブンパー暫定24位で初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】
首位と3打差のイーブンパー暫定24位で初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】

112日遅れの開幕戦、渋野日向子は5番の規定違反でいきなり2罰打

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、首位と3打差のイーブンパーで初日を終えたが、開幕戦でプロ初となる規定違反の罰を受けた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 コロナ禍で112日遅れとなった開幕。初日は降雨によるコースコンディション不良のため、第1組は1時間遅れの午前8時にスタートした。渋野は5番グリーン上でうっかりミス。渋野のボールが同伴競技者のパッティングライン上にあったため、プレーの妨げに。規則通りにクラブのヘッド1つ分横にずらしたが、その後自分が打つ際に当初の位置に戻さずパットした。本来なら戻さないといけないため、2罰打が科されて痛恨のダブルボギーとなった。ホールアウト後には「本当に情けないです(笑)。自分の責任ですね」とコメントした。

 ペナルティを受けたのは「プロでも初めてです」と苦笑い。「試合では中1の時に過少申告して以来」と明かした。今回と同様の規則違反はアマ時代を含めても初めてという。「どのバーディーよりも、5番のダブルボギーが一番印象深い。凄い恥ずかしいです。私が打ってからパーパットを打つまでにラインにかぶっていたのに、(雨水をなくすための)ローラーをかけてもらっている間にすっかり忘れていました」と説明。土砂降りの雨で水が浮き、その対処をしてもらっていたことが理由だったという。

「打ってすぐに何歩か歩いて思い出した。かなりショックで怒りを通り越していた。でも、中断の時間があったから気を取り戻せたかなと思います。今日、2打損してしまったので、これからのゴルフ人生、マークを戻さなかったことは絶対に忘れない。気を付けて明日以降、もっとバーディーを獲れるようにもっと攻めのプレーができるように頑張りたい」

 直後に降雨で34分間の一時中断を挟み、10番でボギー。544ヤードの14番パー5では、フェアウェーからの第3打をピン手前約2メートルにつけて今季初バーディーを奪った。147ヤードの15番パー3では、第1打をピン左約5メートルにつけて連続バーディー。持ち前の笑顔を咲かせ、最終18番でもバーディーで締めてイーブンまで戻した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集