[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が笑顔の開幕 “うっかりミス”の痛恨ダボに「本当に情けないです(笑)」

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、イーブンパーで初日を終えた。ホールアウト時点では暫定24位だった。

首位と3打差のイーブンパー暫定24位で初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】
首位と3打差のイーブンパー暫定24位で初日を終えた渋野日向子【写真:Getty Images】

112日遅れの開幕戦、渋野日向子は5番の規定違反でいきなり2罰打

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、イーブンパーで初日を終えた。ホールアウト時点では暫定24位だった。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 コロナ禍で112日遅れとなった開幕。初日は降雨によるコースコンディション不良のため、第1組は1時間遅れの午前8時にスタートした。渋野は5番グリーン上でうっかりミス。渋野のボールが同伴競技者のパッティングライン上にあったため、プレーの妨げに。規則通りにクラブのヘッド1つ分横にずらしたが、その後自分が打つ際に当初の位置に戻さずパットした。本来なら戻さないといけないため、2罰打が科されて痛恨のダブルボギーとなった。

 直後に降雨で34分間の一時中断を挟み、10番でボギー。544ヤードの14番パー5では、フェアウェーからの第3打をピン手前約2メートルにつけて今季初バーディーを奪った。147ヤードの15番パー3では、第1打をピン左約5メートルにつけて連続バーディー。持ち前の笑顔を咲かせ、最終18番でもバーディーで締めてイーブンまで戻した。

 ホールアウト後にネット中継のインタビューにマスク姿で応じ、ダブルボギーに「本当に情けないです(笑)。動かしたことをすっかり忘れておりました。打つ前にキャディーさんと直さないといけないと話しておいたのに、忘れていた。自分の責任ですね」とコメント。「ロングパットの距離感もあっていない。決めたい距離のパットも入らなかった。後半の4ホールでバーディーが獲れてよかったです」と話した。

 さらに最後のバーディーに「めちゃくちゃ気持ちよかった。2打罰をチャラにしたかった」と笑い、「明日も頑張ります」と意気込んだ。インタビュー後には「恥ずかしい」とポツリと漏らし、笑っていた。

 2018年大会の初日9番ではホールインワンを達成した。昨年は4位に入り、賞金ランクが8位から3位に浮上。同5位以上に与えられる全英女子オープンの出場権を得ると、日本人42年ぶりの海外メジャー制覇で一躍時の人となった。「思い出深い」と語る今大会。コロナ禍で遅れた開幕戦の初日を終えた。

 畑岡奈紗は2アンダーでホールアウトした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集