[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウラの情報収集も? ドラフト前日、スカウトは“最後の24時間”にどう動くのか

NPBのプロ野球ドラフト会議は、いよいよ明日26日に迫った。今年は午後5時から東京・グランド新高輪プリンスホテルを会場にして行われる。今日25日は各球団、多くの球団が最終スカウト会議を実施。指名候補の詰めの最終検討に入る。ドラフト会議までの“24時間”をスカウトたちはどう過ごし、何を行っているのか。

猛烈プレゼンも? 実は前日がスカウトの集大成…運命の日を前に何をするのか

 NPBのプロ野球ドラフト会議は、いよいよ明日26日に迫った。今年は午後5時から東京・グランド新高輪プリンスホテルを会場にして行われる。今日25日は各球団、多くの球団が最終スカウト会議を実施。指名候補の詰めの最終検討に入る。ドラフト会議までの“24時間”をスカウトたちはどう過ごし、何を行っているのか。

 大半の球団は前日にスカウト会議を行い、指名候補の最終検討を行う。球団社長、監督、GMら編成トップ、スカウト部長に加え、各担当スカウトが参加し、会議を実施。事前に絞り込んできた100人前後の候補リストから評価を洗い直した上で、各球団の指名シミュレーションを行い、狙いの選手は何位で指名できるかを想定する。最もわかりやすい例は、1位競合数の予想だろう。

 担当スカウトにとっては勝負の日でもある。1年間、自分の目を信じ、冬場の雪の降る練習場から夏場の炎天下の試合まで全国を駆け回り、追いかけてきた候補選手たち。一人でも多く、自分の担当から指名してもらいたいのが本心だ。選手の映像、データ等を整理し、上層部にプレゼンテーションを行う。スカウトにとっての仕事の集大成は、実はこの日にあると言ってもいいだろう。

 長時間に及ぶ会議を経て、監督、GMら責任者が報道陣に対応する。この場で1位指名が決定していれば、他球団との競合をけん制して公表する場合もあり、当然、隠す場合もある。そのほか、育成を含めた指名人数、即戦力もしくは将来性を重視するなどの指名方針など、支障にない範囲内でアナウンスする。決まっていなければ、当日の会議前までに決定することになる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集