[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「高校生豊作」の年こそ狙い目? 157キロ剛腕ら…各球団が唸る「即戦力」社会人は?

NPBのプロ野球ドラフト会議は26日に行われる。運命の日まで、あと2日。今年は早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲、広陵・中村奨成ら、超高校級の逸材と揃い、話題が先行している。しかし、将来性重視な高校生が「豊作」と言われる年ほど、各球団が目を光らせ、狙い目に挙がるのが社会人の逸材たち。実は例年以上に実力選手が多い印象だ。

清宮&安田&中村の「BIG3」に注目も…今年は「将来性」より「即戦力」の社会人が充実

 NPBのプロ野球ドラフト会議は26日に行われる。運命の日まで、あと2日。今年は早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲、広陵・中村奨成ら、超高校級の逸材と揃い、話題が先行している。しかし、将来性重視な高校生が「豊作」と言われる年ほど、各球団が目を光らせ、狙い目に挙がるのが社会人の逸材たち。実は例年以上に実力選手が多い印象だ。

 その筆頭が、JR東日本のアマチュアNO1左腕・田嶋大樹投手だろう。

 スリークォーターから繰り出す速球は152キロ。肩甲骨の柔らかさが特徴的で、変化球も威力は抜群。3年春にセンバツ4強入りした佐野日大3年当時からドラフト1位候補の声があったが、社会人に進み、指名解禁となる3年目で遥かにスケールアップした。2桁勝利&新人王を狙える逸材。即戦力投手を欲する球団の1位競合の可能性も十分だ。

 また、今季のアマチュア最速投手も社会人にいる。ヤマハの右腕・鈴木博志投手だ。180センチ、85キロのがっしりとした体格から繰り出す球速はMAX157キロ。現在のプロ球界と比べても、トップクラスの剛腕だ。社会人侍ジャパンに選ばれ、実績も十分。一本釣りを狙う球団が1巡目で入札してもおかしくない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集