[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、「23アンダーの衝撃」再現へ 沸騰する期待「真のアジアのライジングサン」

男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹(レクサス)はシーズン2戦目、26日開幕の世界選手権・HSBCチャンピオンズ(上海)で連覇に挑む。昨年は23アンダーという圧倒的なスコアで優勝。今やトップランカーに堂々と名を連ねている世界の「MATSUYAMA」に対し、アジアメディアも「真のアジアのライジングサン」と敬意を評している。

大会連覇を狙うHSBCチャンピオンズ、日いずる国のエースにアジアで高まる期待

 男子ゴルフの世界ランク4位・松山英樹(レクサス)はシーズン2戦目、26日開幕の世界選手権・HSBCチャンピオンズ(上海)で連覇に挑む。昨年は23アンダーという圧倒的なスコアで優勝。今やトップランカーに堂々と名を連ねている世界の「MATSUYAMA」に対し、アジアメディアも「真のアジアのライジングサン」と敬意を評している。

 世界のトッププレーヤーからも、その向上心の高さに脱帽される松山。今や、日本ゴルフ界のみならず、アジアにとっても誇らしい存在となっている。

「向上心厚いマツヤマは真のアジアのライジングサン」と報じたのはタイ最大紙「バンコクポスト」だ。日いずる国と呼ばれる日本。太陽を意味する「Sun」と上昇気流に乗る男「Son」をかけ、粋な表現で日本のエースを特集している。

 昨年の前回大会で2位ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)に7打差をつけた23アンダーという圧倒的なスコアで優勝を果たした松山。この戴冠をきっかけに、1年間でゴルフ界におけるステータスは一変したと指摘している。

「ヒデキ・マツヤマが2016年HSBCチャンピオンズでラウンドを開始時には、スターダムを目前にした20代の優秀な選手に過ぎなかった。だが、今週末までに、マツヤマは真のアジアのライジングサンとなった。国際的な実力者として台頭しているのだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集