[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が“2025年PFP”1位に選出 米メディアが独自の勢力図予想、カネロは4位

ボクシングで全17階級の選手を格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」について、米メディアが2025年の順位を予想した。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が1位にランク。今後、世界のボクシング界を席巻する存在として認知されているようだ。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米メディアが独自ランク発表、カネロは4位で“王座陥落”

 ボクシングで全17階級の選手を格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」について、米メディアが2025年の順位を予想した。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が1位にランク。今後、世界のボクシング界を席巻する存在として認知されているようだ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。各メディアで独自に作られるが、最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPが世界で広く浸透している。井上は同誌のPFPで3位に入っているが、今回の“未来のPFP”を発表したのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」だった。

 同メディアは「未来のパワーランキング:2025年の最強ボクサーにナオヤ・イノウエ、ライアン・ガルシア」の見出しで記事を掲載。かつてPFPの絶対的存在だったIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が近年は3傑に入っていないことを紹介し、こう続けている。

「今日のパウンド・フォー・パウンドのリストに目をやれば、ワシル・ロマチェンコ、サウル・アルバレス、テレンス・クロフォード、マニー・パッキャオなど、多くのベテラン選手の存在に気付くだろう。しかし、ある時を境に彼らの並外れた技術も衰退を始めてしまう。一方で、新世代の期待の星たちは今後プロとしてのピークを迎える。5年後、誰が全盛期となっているのだろうか」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集