[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

再開米ツアー、鳥の声も聞こえる“無観客ホールインワン”に反響「信じられない光景」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの「チャールズシュワブ・チャレンジ」が11日(日本時間12日)、米テキサス州・コロニアルCCで行われ、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中断から約3か月ぶりに無観客で再開した。ギャラリーのいない中、カン・スン(韓国)がホールインワンを達成。PGAツアー公式インスタグラムが動画を公開すると、“静かな快挙”に「信じられない光景だ」と反響が集まっている。

カン・スン【写真:Getty Images】
カン・スン【写真:Getty Images】

米ツアーでホールインワン、無観客で気づかず「誰も彼にハイタッチしないのか?」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの「チャールズシュワブ・チャレンジ」が11日(日本時間12日)、米テキサス州・コロニアルCCで行われ、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中断から約3か月ぶりに無観客で再開した。ギャラリーのいない中、カン・スン(韓国)がホールインワンを達成。PGAツアー公式インスタグラムが動画を公開すると、“静かな快挙”に「信じられない光景だ」と反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 違和感のあるスーパーショットだ。162ヤードの13番パー3。鳥のさえずりが聞こえる中、カンは第1打でアイアンを振り抜いた。「バシュ!」と綺麗なインパクト音を残し、ボールは快晴の空へと飛んでいく。ピン手前数十センチに着弾すると、バウンドしてカップに吸い込まれた。関係者の声がわずかに響いたが、当然ギャラリーの歓声はない。カンや同組の選手は事もなげに歩き出し、快挙に気づいていないようだ。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「無観客試合でリアクションはとても奇妙だった」と注目。無観客試合で開催された様子について「これは私たちが今まで体験してきた時と違う気持ちになる」とつづり、「最も奇妙だった瞬間はカン・スンが13番でホールインワンを決めた時だ。彼のホールインワンを祝う人は誰もいなかった。カンと彼のグループもまた平然としていた」と説明している。

 普段なら大歓声が上がるはずのホールインワン。PGAツアーが公式インスタグラムで動画を公開すると、ファンから驚いた様子のコメントが集まっている。

「良い音だ……」
「無観客だとこうなるよね」
「信じられない光景だ(笑)」
「彼は感情を抑える練習をしてきたに違いない」
「観客がいたら彼は違うリアクションをしていたはずだ」
「誰も彼にハイタッチしないのか?」
「歓声がないなんて変な感じだ」

 カンは首位と9打差の2オーバーで110位と出遅れ。ジャスティン・ローズ(英国)、ハロルド・バーナー(米国)が7アンダーで首位発進した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集