[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】大谷翔平、前田撃ちの“173キロ超速弾”に米ファン喝采「同国出身者に容赦ないな」

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手だ。昨年6月、当時ドジャーズに所属していた前田健太投手から先制の7号ソロ。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)の弾丸ライナー弾をMLBが動画付きで速報すると、ファンから喝采が上がっていた。

前田健太からソロ本塁打を放った大谷翔平【写真:AP】
前田健太からソロ本塁打を放った大谷翔平【写真:AP】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―大谷の弾丸ライナーに米仰天

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手だ。昨年6月、当時ドジャーズに所属していた前田健太投手から先制の7号ソロ。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)の弾丸ライナー弾をMLBが動画付きで速報すると、ファンから喝采が上がっていた。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 打った瞬間だった。凄まじい弾丸ライナーを右翼へ突き刺した。本拠地ドジャース戦に「3番・DH」で出場した大谷は初回2死、フルカウントからの甘いスライダーを完璧に捉えた。あっという間に右翼席へ到達した先制7号ソロ。悠々とダイヤモンドを回る大谷に対して、前田は苦笑いを浮かべるしかなかった。

 打球速度107.6マイルの超速弾を、MLB公式ツイッターでは「エクスプレス・レーン(高速道路の追い越し車線)を使ってスタンドに運ぶ」と題して公開。実際に目撃したファンも「ドジャースファンは泣いている」「どうすればこの男を嫌いになれる?」「ショウタイム」「この男は同国出身者に容赦ないな(笑)」「ビッグフライ、オオタニサン」「彼は凄いビーストだ」などと反応していた。

 大谷はこの試合、4打数2安打1打点1盗塁でチームの5-3勝利に貢献。地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物実況ビクター・ロハス氏も「ビッグフライ、オオタニサン!」のお馴染みのフレーズを絶叫していた。ビッグフライというよりは、凄まじいライナー弾だったが、大谷の凄さをまた証明する一打となっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集