[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥から“逃げた王者”は偽物だ アンカハスを米酷評「いかに数字が偽りか」

米専門メディア「ボクシングシーン.com」では階級毎に最強王者格付け「チャンプ・フォー・チャンプ(CFC)」という特集を展開。ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦が実現せず、かつて海外メディアから“逃げた”とされていたIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は32勝(21KO)1敗2分のキャリアを誇るが、「いかに数字が偽りかの例」と酷評されている。

ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】
ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】

米メディアの格付け「CFC」でアンカハスに厳しい評価

 米メディア「ボクシングシーン.com」では階級毎に最強王者格付け「チャンプ・フォー・チャンプ(CFC)」という特集を展開。ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との対戦が実現せず、かつて海外メディアから“逃げた”とされていたIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は32勝(21KO)1敗2分のキャリアを誇るが、「いかに数字が偽りかの例」と酷評されている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

“プリティボーイ”の異名で知られるアンカハス。IBFのタイトルを7度防衛しているスーパーフライ級戦線の安定王者だが、最強王者格付けでは“偽物”と酷評されている。

「この階級で最も長く君臨するチャンピオンは数字がいかに偽りか、という例になっている。9度のタイトル戦で、アンカハスはトップ10に評価される相手と2度しか戦っていない」

 寸評では格下相手に勝ち星を重ねるチャンプの例として、アンカハスを厳しく評価している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集