[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンの“91秒KO”は「ボクシング史上最も輝いた夜」 元参謀が絶賛した21歳の衝撃

ボクシングの元世界3団体ヘビー級王者マイク・タイソン氏(米国)はエキシビションマッチでの復帰へ向けて準備を進めている。53歳にして再びボクシング界の主役として大きな注目を浴びているが、ではいつがタイソン自身の“最強”だったのか。往年の名トレーナーは32年前のタイソンの伝説の初回KO劇に思いをはせている。

マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

名トレーナーが衝撃を受けたスピンクス戦

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級王者マイク・タイソン氏(米国)はエキシビションマッチでの復帰へ向けて準備を進めている。53歳にして再びボクシング界の主役として大きな注目を浴びているが、ではいつがタイソン自身の“最強”だったのか。往年の名トレーナーは32年前のタイソンの伝説の初回KO劇に思いをはせている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 1988年の6月27日、マイケル・スピンクス(米国)を挑戦者に迎えた一戦だ。無敗同士の対戦で、文字通り圧倒した。タイソンは初回からエンジン全開。スピンクスをロープへと追い込むと、強烈左アッパーで顔面をとらえる。続けて右ボディーもくらわせ、スピンクスに膝をつかせた。

 立ち上がったスピンクスに、タイソンは容赦ない。再び対峙してすぐ、今度は強烈な右フックをお見舞いした。顎をとらえた一撃に、スピンクスは後ろ向きに大の字で倒れる。意識朦朧のまま立ち上がろうとするも、無情の10カウントとなった。

 いまなお語り継がれる、初回91秒でのKO勝利。デビューからの連勝を35に伸ばした試合を、「マイク・タイソンがそれまでのファイターの中で最も輝いていた夜」として紹介しているのは、米専門メディア「ワールドボクシングニュース」だった。

 記事によると、スピンクス戦を改めて絶賛しているのは一時期タイソンのトレーナーを務めたテディ・アトラス氏だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集