[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ダルビッシュ、主砲顔負けの“バット投げ”に米脚光「カブスを混乱に陥れた」

ダルビッシュ、主砲顔負けの“バット投げ”に米脚光「カブスを混乱に陥れた」

米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)、ドジャースのダルビッシュ有投手が敵地カブス第3戦に先発。6回1/3を1失点でポストシーズン2勝目。打席では6回に2死満塁から押し出し四球を選んだ。再三、バントの構えを見せるなど、揺さぶり、最後は野手顔負けの“バット投げ”も披露。現地メディアが動画付きで紹介すると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」は「支配的なアウト奪取とバットフリップでカブスを混乱に陥れた」と脚光を当てている。

打席で“魂の押し出し”を選び、雄たけび&バット投げ…気迫に米メディア賛辞

 米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)、ドジャースのダルビッシュ有投手が敵地カブス第3戦に先発。6回1/3を1失点でポストシーズン2勝目。打席では6回に2死満塁から押し出し四球を選んだ。再三、バントの構えを見せるなど、揺さぶり、最後は野手顔負けの“バット投げ”も披露。現地メディアが動画付きで紹介すると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」は「支配的なアウト奪取とバットフリップでカブスを混乱に陥れた」と脚光を当てている。

 普段はお目にかかれないシーンだった。3-1で迎えた6回2死満塁。ダルビッシュは打席に立つと「9人目の打者」として揺さぶった。簡単にはストライクを入れさせまいとバントの構えを敢行。対峙したエドワーズ・ジュニアは抑えて当たり前の投手に対して力み、コントロールを失った。

 3球連続で直球が高めに浮いた。カウント3-0。不穏な空気がカブス本拠地に漂う中、最後もバントの構えを咄嗟に引いて揺さぶったダルビッシュ。ど真ん中に構えていた捕手のミットは外角低めで捕球したが、球審の右腕は上がらず。なんと1球もストライクが入らず、押し出し四球を選んだ。

 執念で押し出しを勝ち取ったダルビッシュに思わず、感情が高ぶった。四球となった瞬間、右手でガッツポーズ。さらに雄たけびを上げると、歩き出した際にバットをグラウンドに叩きつけた。野手顔負けの“バット投げ”で感情を高ぶらせた。投げても7回途中1失点の快投でワールドシリーズ進出に王手。マウンド、打席とそれぞれで躍動した右腕を米メディアも絶賛した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー