[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュは「神」 快投にファンから残留熱望論「今すぐ彼と来年契約して!」

米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)、ドジャースのダルビッシュ有投手が敵地カブス第3戦に先発。6回1/3を1失点でポストシーズン2勝目。打席では6回に2死満塁から四球を選んだ。再三、バントの構えを見せるなど揺さぶり、“魂の押し出し”を奪取。今季途中に加入し、投打で躍動した背番号21に対し、ファンから「神のよう」と声が上がり、「今すぐ彼と来年の契約もしてしまおう!」「彼をチームに留め続けて!」と残留熱望論が起こっている。

1失点快投&魂の押し出しの右腕にド軍ファンも残留熱望「彼をチームに留め続けて!」

 米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)、ドジャースのダルビッシュ有投手が敵地カブス第3戦に先発。6回1/3を1失点でポストシーズン2勝目。打席では6回に2死満塁から四球を選んだ。再三、バントの構えを見せるなど揺さぶり、“魂の押し出し”を奪取。今季途中に加入し、投打で躍動した背番号21に対し、ファンから「神のよう」と声が上がり、「今すぐ彼と来年の契約もしてしまおう!」「彼をチームに留め続けて!」と残留熱望論が起こっている。

 3-1で迎えた6回2死満塁。ダルビッシュは打席に立つと「9人目の打者」として揺さぶった。簡単にはストライクを入れさせまいとバントの構えを敢行。対峙したエドワーズ・ジュニアは抑えて当たり前の投手に対して力み、3球連続で直球が高めに浮いた。最後もバントの構えを咄嗟に引いた。外角低めに外れ、なんと1球もストライクが入らず、押し出し四球を選んだ。

 “魂の押し出し”に対し、雄たけびを右手でガッツポーズ。そのままバットを投げ、野手顔負けのバットフリップで感情を爆発させた。本職の投球でも躍動。7回途中を1失点と役割を全うし、ポストシーズン2勝目をマーク。チームにワールドシリーズ進出王手をもたらした。

 バッターボックスで、マウンドで勝利への執念をあらわにしたダルビッシュ。それほど、この試合に対する思いが強かったのだろう。そんな今季途中加入の右腕に対し、ファンから絶賛の声が続出している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集